Android Applications 開発  

using MIT App Inventor  神奈川工科大学 情報工学科 山本研究室


 

第5回ミーティング(2015-12-4)

第5回ミーティングは、12/4(金)の3限に山本研究室で行われました。今回は、下記の内容に取り組みました。英文資料も参照するやや複雑な手順も含まれていました。少しやり残しもあるので、次回に完成させます。

▪️先進的データベースGoogle Fusion Tablesを利用する。
▪️そのための設定、特に認証の設定手順は最近変更になったこともあり、最新の英文資料も参照して取り組んだ
▪️Google Fusion Tablesを利用した有名な例題「Pizza Party MIT 2014」を動かす。その造りの詳細は、次回把握する。

今回の講座資料は、左欄メニュー「講座スライド・資料」にあります。

 

第4回ミーティング(2015-11-27)

第4回ミーティングは、11/27(金)の3限に山本研究室で行われました。今回は、さらに中身が濃かったです。2時間オーバーで皆が熱心に取り組み、以下の例題の試作をやり遂げました。
佳境に入ってきた感があります。単に作成するのではなく、どんな仕様のものを、どのような設計で作るのかを、だんだんと重視した内容にしてあるつもりです。

▪️マルチスクリーン間でのデータの受け渡し方法2つ
▪️外部プログラムを起動するActivity Starterの活用
▪️コンパクトドキュメントビューアの作成。実用性を高めるためのアイディアと設計も。

今回の講座資料は、左欄メニュー「講座スライド・資料」にあります。

 

第3回ミーティング(2015-11-20)

第3回ミーティングjは、11/20の3限に山本研究室で行われました。
今回は、下記の内容を実施しましたが、時間いっぱい90分で、全員がやり遂げることができました!

▪️NFC-音声合成-TinyWebDB-加速度センサを用いた「他人が振ったサイコロの目を知る」アプリの作成
▪️NFCタグへの書き込みとWebViewerを利用したアプリの作成
▪️Canvasへの描画を利用した「指で画面をスクラッチする!」アプリの作成
 

第2回ミーティング(2015-11-13)

 第2回ミーティングは、11/13(金)の3限に山本研究室で行われました。今回も、2年生のメンバー6名が全員参加です。この調子で最後まで行こう!
今回は、下記の内容を実施しましたが、時間いっぱい90分で、全員がやり遂げることができました!

▪️リスト構造の処理(K大学の年代別教員数)
▪️TinyDB(Androidにローカルに、Key-Value型DBを作成)
▪️TinyWebDB(クラウドに、Key-Value型DBを作成)



 

基本的な考え方や、基本的な使い方を習得することが狙いです。
ですから、途中でトラブルになった場合は、その人のPC画面をプロジェクタで写して、皆んなで検討して解決、という場面がありました。
今後も、そういうやり方を重視して進めたいと思います。
 

第1回ミーティング(2015-10-30)

第1回ミーティングは、10/30(金)の3限に山本研究室で行われました。2年生のメンバー6名が全員参加。この日の3限は、2年生授業はありませんので、良い設定のようです。時間いっぱい、90分間の充実した時間を過ごせたのではないでしょうか。

今回は、以下のような項目を説明し、実際に、Androidスマートフォンで動かすことをやってみました。
自分のAndroidを持っている人が多いですが、高級機であっても、NFC機能が付いていないものもあります。そんなときもご安心。NFC付きのAndroidを貸与しています。

今回の講義資料はここにあります。

■開発環境 MIT App Inventorを利用することの意味
■以下の基本項目の理解と動かすことで実感をつかむ
・プログラム(ブロック)のビルドと実機への配備
・ボタンとテキストフィールド
・日本語テキストを喋らせる(音声合成利用)
・加速度センサ利用で喋らせる
・NFCタグをタッチして喋らせる
・ボタンを押した履歴を時刻と共に保存する

 

この講座の日程

以下のとおり、進めたいと思います。
(都合により、変更になる場合もあります。)

・第1回:10/30(金)3限 --- 終了(予定項目完了)
・第2回:11/13(金)3限 --- 終了(予定項目完了)
・第3回:11/20(金)3限 --- 終了(予定項目完了)
・第4回:11/27(金)3限 --- 終了(予定項目完了)
・第5回:12/04(金)3限 --- 終了(予定項目完了)
・第6回:12/11(金)3限

未定だが、できれば各自のプレゼンテーションも考えている。
・第7回:01/08(金)3限